認知症リハビリテーションについて|認知症相談・うつ病相談は一人で悩まずに、新潟の「認知症専門 カイロン」へ

家族と一緒に過ごせる不安のない生活へ家族と一緒に過ごせる不安のない生活へ

認知症リハビリテーションについて

認知症専門カイロンで行うリハビリテーションはその方によって内容が異なりますので、まずは病院でも適用されている「認知症検査」を行います。
検査の結果を基に、何に問題があるのかを明確にし、その方に合ったリハビリ内容を組みます。

検査には以下の内容があります検査には以下の内容があります

ミニメンタルステート検査(MMSE)

見当識、計算、文の復唱、図形模写などを行って頂く検査です。

改訂 長谷川式簡易知能評価スケール(HDS-R)

ご本人に今日の日付や記憶などを言葉で質問し応答、単純な計算や記憶想起をしていただく検査です。

FAB

脳の中の、前頭葉の機能を中心に評価する検査です。
言葉の概念化(類似の把握)、言語流暢性、運動プログラミング、干渉への感受性、抑制性制御、理解行動の6項目より、脳内の前頭葉機能を中心に評価する検査です。

MoCA(MoCA-J)

視空間・遂行機能、命名、記憶、注意力、復唱、語想起、抽象概念、遅延再生、見当識をご本人の読み書きにより調べる検査です。

認知症専門 カイロン
〒947-0028
新潟県小千谷市城内4-11-22
新和ビル1F

認知症相談、うつ病相談は新潟県の認知症専門 カイロンへお越しください。薬を使用せず認知症をより良い状態へ導くリハビリテーションを行っております。認知症でも笑顔でご家族と暮らせるお手伝いをいたします。

ページの先頭へ
相談のご予約 お問い合わせ